マレーシアでオーダースーツを作ってみた

※この記事は、2020年の年末頃にCOVID19の感染拡大による条件付き活動制限令(CMCO)が一時緩和された時の出来事です。
コロナが落ち着いたら記録として書こうと思っていたのですが、行動制限の緩和と強化が繰り返されていたので、書く機会を失ってしまいました😅

スーツを買おうとしたけれど・・・

学校での式典やフォーマルな場に着ていくためのスーツが必要になったので、活動制限令が緩和されたタイミングで探しに行きました。

まず向かったのは、日本人におなじみのユニクロ。残念ながら娘に合うサイズがありませんでした・・・
というのも、娘は身長が150センチほど。既製品の中から体に合うスーツを見つけるのが難しく、更にはCOVID19の影響で遠出してあちこち探し回ることもできません。

ユニクロでジャケットを羽織ってみたところ

ショッピングモールには若者向けのカジュアルなスーツが売っていますが・・・
娘的にはコレジャナイ感が否めません😅

よし!オーダースーツを作ろう!

既製品の中から気に入るスーツがどうしても見つけられなかったので、オーダースーツを作ることにしました。
問い合わせして伺ったのはイポーにあるこちらのお店「SAYAP BESPOKE TAILOR」です。

SAYAP Bespoke Tailor
39, Tingkat Taman Ipoh 7, Taman Ipoh Selatan, 31400 Ipoh, Perak

外観の様子
清潔感のある店内
店内の一角
奥にはフィッティングルームがあります

まずは採寸

フィッティングルームで丁寧に細かく採寸を行いました。

スーツの生地や色について相談

採寸が終わったら、雑談を交えながらスーツの生地や色、ボタン等について決めていきます。
おおよその出来上がり日程も教えてもらいます。
私たちがオーダーしたスーツはRM1800でした。

スーツが完成!

フィッティングからおよそ1ヶ月ほどでスーツが仕立て上がり、受け取ることができます。

テーラーさんに着させてもらい、本人はやや緊張の面持ち。

裏地も本人が選んだので満足そう

テーラーメイドだけあって、着心地は抜群の様子。

テーラーさんと記念撮影

最後に

COVID19の影響がなく、日本に気軽に一時帰国できる状況だったならば、日本に帰国した際にスーツを購入していたと思います。
ですが、今回、COVID19の影響により一時帰国が困難になったため、マレーシアでスーツをオーダーメイドすることになりました。
マレーシアのテーラーさんの手仕事に感動すると共に、将来このスーツを着る度にマレーシアを思い出してくれたらいいなと思います。

スポンサーリンク